2016年4月28日 (木)

口臭の予防

歯医者へ行くと、口臭チェックをしてくれます。

自分の口臭を予防するという意味でいろいろな努力をしている人は多いと思います。
本人の努力では消えないような口臭を改善するのが口臭外来です。
よくインターネットなどで、牛乳を飲むと口臭が消えると言う様な情報が氾濫しています。
それらは、一時的に口臭を消すという方法です。
体内の病気が原因の口臭は、根本的な治療をしないと改善されません。
一般的な予防法ではなく病気を治療することが大切です。
口臭がない人というのはほとんどいないのが現状です。
自分がどの程度認識するかという事が問題になります。
単に食べかすなどが歯に溜まっている口臭と、病気による口臭は次元が違います。
深刻な悩み相談ではなく、歯の点検をしてもらうのと同等に考えて歯医者さんに行ってみましょう。
口臭を数字で表してくれます。

2016年2月24日 (水)

子どもの口呼吸

子どもの口臭が気になったら、口呼吸をしていないかどうかチェックしてみてください。
小さい時から鼻呼吸をする習慣をつけておく必要があります。
口臭外来へ行って鼻呼吸の指導をしてもらうと良いのですが、それが子どものプレッシャーになってしまう可能性があります。
歯医者さんの口臭外来が抵抗があるなら、小児歯科でも良いかもしれません。
子どもはショックを受けやすいので、親が鼻呼吸の大切さを説明してあげましょう。
子どもの時の口臭外来は無理をしないことです。
ある程度の年齢になってから、治療することも視野に入れておきましょう。
ただ、口臭が原因でいじめに発展することもあります。
親としてはそうならないように口臭治療を受けさせておきたいものですね。

2014年12月 8日 (月)

口臭外来について

最近、口臭外来専門の医院が増えています。
試しにネットで「口臭外来」と入力して検索してみてください。
たくさんのPRが出てきます。

口臭検査は、一般に歯科医でもしてくれます。
私はそれを進めますが、口臭外来は、口臭の原因が口の中になくても対処してくれます。

ですから、まず歯科医に行って、それでもだめなら口臭外来という順番が良いと思います。

口臭外来は口臭の悩みが深刻になった人に対して、医学的な見地から治療を行ないます。
口臭外来を訪れる人たちは、しっかりと歯磨きをしてケースが多いそうです。
つまり、その程度の口臭ではないということですね。
一般的に口臭外来は高いですね。
なぜなら、口臭の原因が虫歯や歯周病の場合の治療は健康保険の対象ですが、それ以外は保険適用範囲外となるからです。

2014年9月 5日 (金)

口の中にある口臭の原因

口の中にある口臭の原因というのは具体的にはどんなものでしょうか。

・義歯
いわゆる入れ歯です。毎日キレイにしておかないと、臭いが付着して取れなくなります。

・舌苔
舌苔(ぜったい)と言って、舌の表面に付く白っぽい苔の様なものです。
舌苔というのは口の中の死んだ細胞等や食べ物のカスが元になっています。
これが細菌で分解されて口臭の原因となるガスを発生させるのです。

・唾液
唾液というのは抗菌作用等があるので口臭予防に役立っています。
したがって、口の中の唾液が少なくなると口臭が発生しやすくなります。

自分の唾液をチェックしてみてください。

2013年12月 4日 (水)

口の中の手入れ

定期的に医者へ行っていますか?

虫歯になっていたいときだけ行くようでは駄目です。
定期点検と歯垢を取りに、月に一度はいきましょう。
虫歯にしても歯周病にしても、症状が顕著になってからでは遅いです。
普段の点検が大切ですよ。
歯医者さんは「歯」だけではなく、口内のいろいろな症状もチェックしてくれます。
歯にとって大切なのは歯茎です。
歯茎がしっかりしていないと歯はすぐに駄目になってしまいます。
無料ブログはココログ